" /> 秀道館の紹介|福井県空手道場秀道館
秀道館
空手体験・見学のお問い合わせはこちら 入門者募集!
 
メールで問い合わせる
ホーム 秀道館の紹介 入門のご案内 行事予定表 大会結果 大会写真
秀道館の紹介
HOME > 道場紹介
秀道館の紹介
 
大会写真
 
 
秀道館の歩み
 

当時神奈川大学の学生であった、八木秀夫は当大学空手道部にて修行、大塚博紀最高師範に師事して学び、昭和45年に和道流を福井の地に持ち帰った。
翌46年、福井県内では初の和道会道場として、福井市足羽公民館に“足羽公民館道場”を開設し、青少年・一般を対象として普及活動を始めた。当時道場生として、柴田孝陽(現 本部長)を筆頭に、山川許実、加藤幹雄、秋山修二、松田浩二(福井工大空手部主将)その他優秀な空手家を輩出した。
昭和48年、名空会(故 成田春男会長)に福井県本部として加盟する。
昭和49年、福井県空手道連盟発足と同時に加盟し、北信越空手道選手権大会及び国民体育大会にて優秀な成績を収めた。
昭和52年には鯖江市丸山町に私設道場として“秀道館”を開設した。
平成7年、現在の秀道館本部が福井市に開かれた。 現在、地方大会のみならず、全国大会や世界大会においてでも優秀な成績を収める選手を輩出し、より一層の活躍と繁栄を歩み続けている。

昭和46年(1971年)足羽公民館道場 開設(福井市足羽公民館)
昭和52年(1977年)秀道館 発足(鯖江市丸山町)

 
 
 
先生紹介
 
師範(館長) 八木秀夫
 
師範代 伊藤晃覧
 
指導員 伊藤祐太
 
指導員 伊藤祥太
 
 
運営方針
 
 
練習場所
 
〒918-8055 福井市若杉3丁目1202 TEL:0776-33-3350
 
 
    ページのトップへ